書評

『輝ける闇』

−本多寿詩集『灰と火と樹木と影と』(本多企画1999.10.1発行)

『井戸端会議に生きる』

−柳内やすこ詩集『地上の生活』(土曜美術社2002.12.10発行)

『風景の力』

−瀬口黎生著『潮のわかれ』(鉱脈社刊2003.7.20発行)

『ダノの渇き』

−堀田孝一詩集『匂う土』(本多企画2004.9.1発行)

『つなぎの形象』

−外村京子詩集『オーヴァ・ザ・ムーン』(本多企画2006.5.25発行)

『流れゆくもの』

−日笠芙美子詩集『海を巻貝』(砂小屋書房2006.10.30発行)

『柿の木の下で』

−卯の花忌実行委員会篇『牧野正史詩集』(本多企画2007.3.3発行)

『農夫が問いかけるもの』

−杉谷昭人詩集『霊山』(鉱脈社2007.9.10発行)

『コロンの悲哀』

−南邦和詩集『神話』(土曜美術社出版販売2008.12.10発行)

『風景に立ちあがる孤独と愛』

−本多寿詩集『草霊』(本多企画2008.12.20発行)

『問いの連続性』

−前田ちよ子詩集『昆虫家族』(七月堂1988年発行)

『睨む水』

−谷元益男詩集『水源地』(本多企画2010.9.1発行)

『らくがきの夢』

−黒木郁朝試論−(同人誌「海風」1980年)

詩誌『視力』エッセー

−「魚眼」(2006−2010年)

『新聞掲載書評』(2005−2013年)

トップ | 評論 | | 書評 | 民俗